ペットは、私たちの心を癒し、心を豊かにする存在として多くの人々に飼われています。
しかしこうした中、心ない一部の無責任な飼い主さんがいることも事実であり、 トラブルをおこしたり、迷惑をかけたり不快な思いを周囲に与えたりすることも多く見られます。

犬は人以上に感受性の強い動物です。私たち人間社会に「子を見れば親がわかる。親を見れば 子がわかる。」という諺があるように、犬と私たちの関係も同じ、養育する者の心、性格が その感受性の強い犬に移ります。

そこで正しく、美しい犬との共生を願って、苑長が65年犬と共に生き、歩いてきた経験から、 飼い主さんのマナー、わんちゃんのしつけなどトレーニングの言葉を順次綴っていきます。
是非楽しんで読んでいただき参考にしていただければ幸いです。



第1回 犬との共生に当たって! 2009.7.18

★犬は家庭教師であり、精神カウンセラーである。
★犬は人間以上に耐える力を持っている。
★犬は人以上に信義、恩義を忘れない動物である。
★犬は人以上に素直な感受性を持っている。





犬は今や人にとって最も身近な友達です。互いの中で犬たちは大きな役割を果たしています。 極端にいえば家庭の教師であり、精神カウンセラー的存在であります。
 簡単な例をいいますと、お母さん、お父さんなど自分がいつも世話になり、可愛がって くれてる人が外出先から帰れば、犬は車のエンジン、足音、話し声を一番最初に気づいて 玄関に出迎えてくれます。そして素直にその喜びを伝えます。考えてみればごく単純な行動です。 わんちゃんがいつも繰り返し行う行動が人にはとれていないことが圧倒的に多いのです。 わんちゃんの行動と一緒に「おかえりなさい」が家族みんなで出来たらどんなに楽しいでしょう。 また、小さな子供にとっては、その同一行動をすることによって、家族に対する尊敬の念、愛情の 意味を体得できていきます。人間に対して伝える同一の言葉を持たないわんちゃんは、こうして行動 によって「毎日こうしたらいいよ。楽しく明るい家庭になるよ」と私たちに教えてくれているのです。
 ごく身近な例ですが、犬と共に生活しているほとんどの皆様が体験していることではないでしょうか。 そんなふうに思ってみれば、その時点で犬との共生の価値の認識がいっそう深まると思います。



たとえば一人の子供を一定の空間に閉じ込めて何時間も留守番をさせたとしましょう。自分に置き換えて 考えてみてもいいです。しばらくすれば何がしかストレスがたまりイライラが募り、結局その反動で、「なぜ もっと早く帰ってこないの。」「今まで何してたの。」と強い言葉となり表れます。しかし犬は、ただひたすら 帰りを待ち、帰れば全身で歓迎と喜びを伝えます。人の何千倍、何万倍もの耐える本能を持っています。 かつて南極にとり残された太郎、次郎のことを思い出せばすぐに理解できるでしょう。



 心より信頼関係ができた犬がいつまでもその人のことを覚えています。何年経ってもよく覚えていて必ず 一生懸命自分の心を相手に素直に伝えようと体中で表現します。



 犬は人に伝える言葉がないだけに、それにかわって『アイ・トーク』といって必ず人の心の内を知ろうと する時は、目で人の顔、目つきを追います。そして人の目つき、顔つきなどで人の心を読み取る力を 持っています。
 たとえばこんな体験はないでしょうか。二人で言い争いをしているとしましょう。人でもそんな場に 居合わすことは嫌です。犬も異様な雰囲気を感じ嫌です。一度はとまどいをみせますが、いづれは二人の 間にわって入って、顔を見上げ、手をひざに当てたり、ひざに甘えて座ったり、横に体をつけてふせてみたり します。これは、「お互いに心を静めて」「もうやめよう」と優しくさとしているのです。人でも嫌なように 犬はなおさら人のいざこざを見るのが嫌いなのです。
 また疲れきってふさぎこんでいる時などは、そっと寄り添ってじっとふせていることがあります。ご主人を 心配して、「大丈夫!頑張れ!」と伝え、励ましているのです。



以上簡単な例をあげながら話しましたが、要は人も犬も形態は違っても心と情を持った同じ哺乳動物だと いうことです。互いのおかれた環境、生活していくプロセスの違いの中で生きているにすぎないのです。 その違いがあるからこそ、互いの存在の価値の違いや意義が見い出されるのです。
 とりあえず考える力を多く持った人が、互いにとって、楽しく幸せに共に生活していくにはどうしたら いいかを考察し努力していくべきで、その意味でお互いの心地よいルールを作っていくことがいわゆる 『しつけ』だと思います。


 次回は、『しつけ』についてお話します。お楽しみに!



ご覧になりたい項目をクリックして下さい。

     第2回 しつけとは・・・犬の社会化について考えよう!
     第3回 悩み事の対処方法を考えよう!
     第4回 (続)悩み事の対処方法を考えよう!
     第5回 ポチ森ドックランの魅力
     第6回 ドッグランで早く犬同士を仲良くさせるテクニックは?
     第7回 わんちゃんは、お母さんの家計のやりくり先生
     第8回 犬種別犬の歴史・特徴について〜愛犬の歴史知っていますか?
     第9回 犬の存在価値を認識しよう!






エントランスページへ    トップページへ


Copyright(C) 2006 Hosen All Rights Reserved.
当サイトをご覧になるには最新版FLASH PLAYERが必要です。 FLASH PLAYERはこちら





サイト マップ